基本的な使い方

  • ドメイン管理者側でドメインのアドレスとクラウドメールの紐づけ作業が終わると、設定したメールアドレス(ここではuser@hoge.u-tokyo.ac.jpとします)宛のメールがクラウドメール(XXX@g.ecc.u-tokyo.ac.jp)に届くようになります。
  • 紐づけ作業後にクラウドメールでgmailにログインすると、紐づけられたドメインのアドレスで受信したメールを確認できます。
  • ドメインのアドレスをFromとしてメールを送信したい場合、gmail側でメールアドレスの追加を行います。gmailの [設定]>[アカウント]>[他のメール アドレスを追加]からエイリアスとしてドメインのメールアドレスを追加してください。追加が終わったらgmailのメール作成画面で送信者を選択できるようになります。
東京大学情報基盤センター メールホスティングサービス