Googleサイト カスタムドメイン設定サービス(試行)

URLにカスタムドメイン(g.ecc.u-tokyo.ac.jp以外のドメイン)が設定されたGoogleサイトを提供します。
例としてxxx.yy.ac.jpというドメインを設定する場合、利用者には
[A]: https://xxx.yy.ac.jp/
[B]: https://sites.google.com/yy.ac.jp/ZZZ
という二種類のURLでアクセス可能なGoogleサイトが提供されます。
設定を希望される方はこちらの申請フォームより申請してください。
なお、申請前に以下の内容をご確認ください。
【前提条件】

  • ECCSクラウドメールアカウントで管理できる新規Googleサイトを提供します。(既存のGoogleサイトにカスタムドメインを設定することはできません。)
  • 本サービスの利用はUTokyo Account保有者に限られます。
  • 設定するドメインは利用者側でご用意いただきます。DNSの設定も利用者側で行っていただきます。
  • 現時点では試行サービスであり、利用負担金は発生しません。(将来的にサービス内容の変更やサービス有償化の可能性があります。)
  • 申請フォームの申込みが完了した後で、ECCSクラウドメール宛に後続の手続きをご案内します。

【設定の流れ】

※青ハイライトはセンター作業、赤ハイライトは利用者作業

1.上位ドメインがメールホスティングで利用されていないドメインである場合、ドメインを追加[センター]
2.DNSにドメイン認証用のTXTレコードを設定[利用者]

特定のTXTレコードをDNSへ登録いただきます。
※xxx.yy.ac.jpドメインをGoogleサイトのURLとして設定したい場合、TXTレコードを登録するのはその上位ドメインであるyy.ac.jpになりますのでご注意ください。
設定するTXTレコードは、メールホスティング担当から申請者のECCSクラウドメール宛にお送りします。TXTレコードの登録については当該ドメインを管理するDNS管理者へご依頼ください。(メールホスティング担当はDNS管理者を把握しているわけではありません。)
登録が終わりましたらメールホスティング担当にご連絡ください。

3.上位ドメインの認証を行う[センター]

正しくDNSに前述のTXTレコードが登録されていれば、情報基盤センター側で当該上位ドメインを有効化します。

    4.作成したGoogleサイトを利用者のECCSクラウドメールアカウントに共有[センター]

    5.DNSにCNAMEレコードを設定[利用者]
    カスタムドメインをGoogle側で確認するため、以下のようなCNAMEレコードの登録をDNS管理者に依頼してください。
    CNAME [設定するカスタムドメイン] ghs.googlehosted.com
    6.作成・共有したサイトに対してカスタムドメインの設定を追加する[センター]

    追加した設定が反映されるまで数日かかる場合があります。設定の反映が確認でき次第、メールホスティング担当から利用者のECCSクラウドメール宛に設定完了の通知を行います。
    以上で設定は完了です。

    Translate »